CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SEOカウンター
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
【くる天】世界情勢
くる天 人気ブログランキング
i2i卵王【学門・科学/教育・学校】
逆握世数卵王
LINKS
PROFILE
OTHERS
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
MOBILE
qrcode

L:リテラシー

地震津波防災2C預言前兆証言4444
世界システム出版:速読渇望計画:INSPLETR
26年+数年前〜超脳INSP電波IDEA神才『直観』
『試考』10億部(1兆円)×12社+α(年商12兆円)
毎日500冊×毎年500日=25万題×十万部=250億部$
<< 緊救警戒宣言注意報発令! | main | 防災特別月間中間報告・・ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | |
P.F.ドラッカー著作リスト
JUGEMテーマ:読書PHP BUSINESS THE21 ヨリ(81P)
★印=初心者向・・
1939 経済人の終わり
1942 産業にたずさわる人の未来
1946 会社という概念
1950 新しい社会と新しい経営
1954 現代の経営(上・下)
1955 オートメーションと新しい社会
1957 変貌する産業社会
1960 明日のための思想
1964 創造する経営
1966 経営者の条件
1966 断絶の時代 今日何をすべきか
1970 Technology,Management & Society(未訳)
Men,Ideas & Politics(未訳)
1973 マネジメント
1976 見えざる革命
1977 状況への挑戦
People & Performance(未訳)
1979 傍観者の時代 
日本画の中の日本人
1980 乱気流時代の経営
1981 日本 成功の代償
1982 変貌する経営者の世界
最後の四重奏
1984 善への誘惑
1985 イノベーションと企業家精神
1986 マネジメント・フロンティア
1989 新しい現実
1990 非営利組織の経営
1992 未来企業
1993 すでに起こった未来
1995 ポスト資本主義
★「挑戦の時」★「創生の時」
1998 P.F.ドラッカー経営論集
1999 明日を支配するもの
2000 ★はじめて読むドラッカー「 プロフェッショナルの条件」
★「チェンジ・リーダーの条件」★「イノベーターの条件」
2001 ★マネジメント 基本と原則[エッセンシャル]
2002 ネクスト・ソサエティ
2003 ★ドラッカー名言集「仕事の哲学」★「経営の哲学」
★「変革の哲学」★「歴史の哲学」
2004 ★実践する経営者
ドラッカー 365の金言
2005 プロフェッショナルの原点
★ドラッカー 20 世紀を生きて
はじめて読むドラッカー[テクノロジストの条件]
2006 ★ドラッカーの遺言
P.F.ドラッカー経営論
2008 経営者に贈る5つの質問
| NAME | 05:26 | comments(1) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 05:26 | - | - | |
■IBM、DNAの自己組織化を活用した回路形成技術を開発―ドラッカーの言うとおり、新しい技術は他の分野からやってくる!!!
こんにちは。私は、このリストの本をほとんど読みました。特に最近では、ネクストソサエティーをまた読み返しているところです。ところで、IBMが全く新しい回路形成技術を開発しましたね。実用化すれば、今までよりも集積回路の集積度をハイコストパフォーマンスで実行することができます。光学的な手法を用いた既存の技術では、限界に近づいていました。素晴らしいことだと思います。ドラッカーは、ネクストソサエティーや他の著書でも、企業のパラダイム(規範)の変化の一つとして、新しい技術はもはや自社が属してる産業からではなく、全く予期もしなかったところからやってくると語っていました。たとえば、通信用のグラスファイバーは通信技術の会社ではなく、ガラス素材の会社であるコーニング社が開発しました。最近の新薬は、化学・生化学・薬学の分野ではなく、バイオテクノロジーから生み出されています。このDNAの自己組織化を活用した新技術はまさに、良いケーススタディだと思います。詳細は是非私のブログをご覧になってください。
| yutakarlson | 2009/08/19 11:18 AM |









http://aplzdus.jugem.jp/trackback/42